3階建て住宅のフロアごとのプランニングのコツ

3階建ての新築一戸建てを建てようとする際には、フロアごとに次のようなプランニングにすると満足の行く家づくりが出来やすいでしょう。

まず1階部分は、階段の昇降が必要ないので、2世帯で居住する場合は親世帯が生活するスペースになる場合が多いです。
居室以外の空間に関しては、車庫や倉庫などにしてスペースの有効活用を図ると良いでしょう。

ただ1階は日当たりや通風が良くないため、2階以上のフロアでその対策をする必要もあります。

次に2階は家族が一番集まりやすいフロアになります。
日照・通風も好条件になるので、居間やキッチン等のスペースを優先して設けましょう。

また、1階に採光や通風が良くなるように窓やバルコニーを配置することも効果的です。
そして3階は日照、通風、見晴らしが最も良いフロアになるので、家族のそれぞれの居室に最適です。

また、3階をロフトのようにすると書斎や趣味のスペースにすることもできるので、アイデアと工夫次第で様々なアレンジを加えることができるでしょう。

PR|女性向けエステ.com|英語上達の秘訣|お小遣いNET|ショッピングカート|クレジットカードの即日発行じゃけん|オーディオ|貯蓄|住宅リフォーム総合情報|初値予想|内職 アルバイト|GetMoney|マッサージのリアル口コミ.com|アフィリエイト相互リンク|サプリメント|お家の見直ししま専科|家計見直しクラブ|