オール電化の家で「誤解」されがちなこと

最近は、建て売りでも注文住宅でもオール電化の家が多くなりました。火災の心配が少なく、総合的出費も少ないので、いまや新築住宅の「売り」となっているのは、ご存知の通りです。

安い夜間電力を利用してお湯を沸かし、それを昼に使うという所謂『エコキュート』がその中心的存在になっていますが、電力会社の宣伝が足りないのか、意外に知られていない部分も多いのが現状です。

最も(ガス派の人たちから)誤解されているのが、お風呂。
今のお風呂には、ガス、電気に関わらず『追い炊き機能』がついていますが、
ガス式とエコキュートの『追い炊き』機能は、根本的に方式が異なります。
現在、オール電化住宅にお住まいの方でさえ、そのことをご存知の方はあまりいらっしゃいません。

ガス式の場合、追い炊きは文字通り『炊く』ので、ガスが燃焼します。
オール電化の場合、これを電気で代わりに熱している、と考えられがちですが、これがまるで違うのです。

オール電化の場合、夜間に沸かされた給湯器のタンクの周りにチューブが巡らされていて、その熱を使って追い炊きするのです。したがって『追い炊き』に追加の電気代はかかりません。

もちろん、ガス炊きに比べて、その分、電気の追い炊きは弱いのは否めませんが。
現在、住宅を建てる(もしくは買う)時、エコを度外視することはできません。
ご参考までに。