建売住宅 2017年3月10日 tamachi10 コメントなし

建売住宅は悪いと思い込むのは良くない

建売住宅は悪く言われることが多いという印象ですが、しかしその建売住宅を建てる工務店がしっかりとした工務店であれば、建売住宅は悪くないものだったりするのです。ただ、評判の悪い業者が下請けに入って住宅を建てていたりしますと、ものすごく怖いようにも感じるのですよね。

しかし建売住宅はやはり「立地」が魅力だったりしますから。それに、「死ぬまでそこに住むわけではなく、老後はマンション住まいにして、だいたい65歳ぐらいまではここに住むかなー」という考え方なら建売住宅は決して悪くはないと言えるでしょう。

そもそも住宅は消耗品ですからね。そう考えますと、建売住宅の持ち具合はちょうどいいのかもしれません。ちょうどリフォーム時期になったら、手放すタイミングだと考えてもいいでしょう。それに建売住宅の方が中古住宅として売る場合は、買い手がつきやすかったりしますからね。なぜなら建売住宅は一般的な間取りの住宅になっていることが多いものですから。建売住宅にもメリットは結構あるのです。